自分のための練習。

komaru
よくレッスンで生徒さんが「すみません、先週忙しくてギター触れなかったんですよ」と言われたりします。

練習出来なかったことに対する言葉なのですが、そんな時によく僕が言う言葉があります。

「自分のための練習だから別に謝る必要はないよ」
——————————————-
もちろん本当にすまないと思ってはいないのかもしれません。ただ、勉強や練習はあくまで自分のためにするものです。楽器が上手くなって一番その恩恵を受けるのは生徒さん本人です。逆に練習できなくてうまくならずに困るのも生徒さん本人です。正直教える立場としては上手くなってくれたら嬉しいし、上手くならなければ自分の指導力のなさを嘆くとは思いますが、困るかと言われるとちょっと違います。

結構当たり前の話ですが、このことを本当に身体で理解している人は何も言われなくても練習しますし、何も言われなくても自分で問題点や疑問点を洗い出し、レッスンの際に質問してきます。

練習に身が入らなかったり、練習することをつい忘れてしまうという方がいたら

「勉強や練習はあくまで自分のためにするもの」

と自分に確認するといいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする