怪我には気をつけて。

CMbosi

2〜3週間前から左手の親指付近が痛くなり、病院に行きました。最近練習目的で弾き始めたショーロの曲が指に負担をかけたようです。

当初は親指の付け根かと思い、母指CM関節症を疑いました。数年前に一度かかったからです。(その時はしばらく固定器具を付けて安静にしていたら知らない間に治りました。)

今回も同じように安静にしようと思いましたがレッスンの時は弾かないわけにはいきませんし、さらに練習が必要なクラシックの曲が数曲あったので、やむなく以前使用していた固定器具を付けて無理をして弾いていましたがだんだん痛みが強くなってきました。

医者に見せたところ腱鞘炎なのですぐには治らないとのこと。テーピングをしてもらって家に帰りギターを弾いてみたところ痛みがあまり感じなくなっていました。

「さすがお医者さん」

と感心し、自分でもテーピングをしてみましたが・・・・自分がしたテーピングでは指が痛い…

何度か巻き直してみたもののちっとも良くないので再度お医者さんのところへテーピングの巻き方を聞きに行きました。

巻いてもらってて気づいたのがお医者さんは指の付け根の炎症と言っていたのですが、どうも第一関節の部分な様子。通りで自分でテーピングした時は指の付け根周辺を巻いていたので第一関節の部分はノーガード。それで痛かったんですね・・・・

そこで自分でアレンジして第一関節付近を重点的にテーピングしたところ痛みはなくなりました。すぐに治るものでもなさそうなのでしばらくこの状態でギターを弾かなくてはいけなさそうです…(^^;;

今回怪我をして思い知らされたのは今まで関節を酷使してたなぁという事。これからはあまり無理な動きを関節にさせるのはやめようと心に誓いました。

日常生活でも関節に悪い動きはたくさんあります。瓶の蓋を開ける動作、重い荷物を指の力だけで支える動作、雑巾で机の上をゴシゴシやる動作だって指の先で雑巾をしっかりつかんで行うと指に負担がかかります。

ギタリストはクラシックの人に比べて結構体のケアが雑です。もともと性格上、ギターの扱いですら適当な人も多いです。(スポーツなども平気でしますしね。ボーリング、バレーボール、バスケットボールは危険です)

みなさんも人のフリ見て我がフリ直せではないですが気をつけてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする